ホーム > 渋谷パソねっとについて

渋谷パソねっとについて

渋谷パソねっととは

渋谷パソねっとのロゴマーク

「誰もが自由に、平等に情報を得られる情報格差のない社会」をつくることを目指して、1999年に「渋谷パソコンボランティア」として発足しました。2000年に現在の「渋谷パソねっと」へ名称変更し、主に高齢者及び障がい者の情報バリアフリーに貢献する活動を展開しています。

情報格差のない社会とは

『情報格差のない社会』とは、「知らないで損をする人」をなくすことです。

例えば、近所で安売りをしていた場合、その事を知らないと「損したようなきもち」になると思います。インターネットも同じ事です。インターネットを利用している人は「割引のクーポン券がもらえる」、「ホテルや旅館に安く泊まれる」、「面白そうな観光地を探せる」、「美味しくて安い店を探せる」、「電車で目的地まで行くのに早くて安いルートを探せる」等、「得をする」ことができます。

最近は多くの役立つ情報がインターネット上で発信されています。趣味の情報、ニュースや天気予報、辞書や辞典情報、翻訳・・・等もインターネットを利用すれば情報を取得できます。また、電子メールを使えば世界の人や海外に住んでいる知人とも安く早く通信できます。

渋谷パソねっとでは、情報格差のない社会をつくるために、講習会の開催や施設・作業所の訪問を通してパソコンをはじめとする情報機器の啓発活動や支援に取り組んでいます。

活動の方針

渋谷パソねっとについて

Twitterで情報発信中 インターネット募金で協力する